前へ
次へ

事前に自己破産なのか判断する方法

これから自己破産を検討する時に、本当に行うべきか考えなければなりません。
リセットできるとはいえ自分の人生の経歴に傷を負ってしまうため、しっかりと時間をかけて回避する方法を検討することも必要です。
そのために弁護士や司法書士に連絡をして、現状から自己破産が必要なのか相談するようにしましょう。
お金がどうしても心配と感じる人もいますが、その時は住んでいる地域の市役所や弁護士会などが定期的に行っていることもある、無料相談を活用すると便利です。
さらにホームページなどで借金減額についてシミュレーターを提供していることもあるので、本当にこれから自己破産を行うのが最適か判断できます。
その後現在の借金や財産について調べながら把握していき、全ての情報を取りまとめて一覧表を作っていくようにしましょう。
特に会社経営の時には、会社で所有している財産と個人財産を仕分けながら考える必要があります。
そして経緯をまとめていきますが、本当に解決策が見いだせないか考えながら書いていくようにしましょう。

Page Top