前へ
次へ

財産を自己破産で差し押さえられるので注意

自己破産を選択した時に様々な財産を差し押さえとなってしまいますが、それを換金して債務者へ分配していくこととなります。
もしも持ち家を差し押さえになってしまった時には、任意売却もしくは競売に進んでいきます。
決定後は即処分ということはなく、買主が購入するまでは生活することができるようになっています。
車はもしもローンが全くない時には、査定結果で時価20万円以上と判断された時には処分することができます。
ただしローンが残っている時には、融資している会社へ引き上げていくケースが多いです。
資産については99万円以上の現金や、預貯金が20万円以上だと資産と判断されて処分されることになります。
様々な自己破産によって財産を失っていくので、必ず慎重に手続きへ進んでいくか考えていくようにしましょう。
自分の人生をリセットする上で必要と考えがちですが、他に方法があれば実行するか検討する必要はあります。
容易に考えずに、家族や弁護士などに相談していくようにしましょう。

Page Top